イアンヒルにあこがれてBASSを始めるオレ

"The fame thing doesn't really worry me. There's nothing I like better than getting up on stage and playing in front of several thousand people. The fact that the other guys get all the limelight doesn't bother me at all."
イ・ア・ン・ヒ・ル・・・素敵だ!!
<< 長編でした。 | TOP | BAD HABIT >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
年齢高め。
8年とかそのぐらいぶりにUNITED見る。
湯浅Vo時代は一度も見に行かなかったことをいろんな方面からつっこまれましたが
いいじゃねぇか色々あったんだし。

いろいろあって久しぶりになっちゃったユナイで
一緒に行ったユナイ仲間も妊婦さんだったため
おとなしく見てましょうと思ったのですが、
やはりそんな事は出来ず、スタート5分前には最前列におりました。

Kill Your Senceから怒濤のスタート。
ユナイのゴリゴリザクザクはやはり心地良いなぁ。
新譜からおばちゃん心くすぐる懐かしチューンまで心地よく頭を振りつづけ
なんだか帰れる場所を見つけた気持ちに。
初老Head bangerの理性のタガと涙腺がはずれまくりな1時間半でした。

おばちゃんが一番大ノリだったのが
Creeping Deathのカバーだったことはナイショだ。
01:38 | | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
01:38 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ianhill.jugem.jp/trackback/167
トラックバック

SEARCH